What do you do for the next ?

2012/12/17 | Category: 雑記

こんにちは。スタッフT.Mです。
元気になる言葉というテーマをいただいていますが、私が元気になれる、と言いますか、元気を取り戻せる言葉は、歴史的に偉大だったり文豪が書き連ねたものだったり、インターネットで話題になってたりするものでは決してなく、名前も知らない一人のインド人の学生の言葉です。

突然ですが、私は学生時代バックパッカーでした。バックパックとはザックと呼ばれる大きなカバン一つで世界中を安旅行することをさし、歌手のナオトインティライミさんがデビュー前に各国を周遊していたことも有名です。
私も学生時代はアルバイトをし、長期休暇の度にバックパックをしていました。

話を戻しまして、インドへ行ったときのこと、そのとき日本は東北大震災という未曾有の大災害と原発事故の被害がようやく落ち着いてきたときでした。
旅をしていると定型文として必ず出身を聞かれるのですが、日本と答えるとたとえどのような経済レベルの国の人でも震災のことを口にして心配してくれるのが印象的でした。
インドのある町で出会った学生とその話題になったとき、その方は震災直後の洪水の映像や原発事故でやむ無く家を去っていく人々の映像を見て本当にショックで現実ではないようだったと話してくれました。
しかし、その人はこの大きな被害を日本が受けて、『次はどうする』ということが一番大切だと言ってくれました。
私はこの『次はどうする』という言葉がすごく前向きで力強く印象的で、何事にも通じる言葉だなぁと感じました。

私自身、何かトラブルがあったりするとすぐにパニックになり、ミスにミスを重ねて失敗し、後でものすごく凹んだりするのですが、この言葉を思い出すと、これで終わりではなく、次にどう活かせるか、これからを考えることが大切なんだと、思い直すことができます。
なんのひねりもない普通の言葉ですが、何かミスをしてもこの言葉を思い出し、元気を取り戻してこれからも頑張ろうと思います。