アラサー坂本龍馬

2018/09/04 | Category: 雑記

こんにちは、スタッフさむです。

先日「坂本龍馬の花押入り書簡が福井で初公開される」というニュースがありました。

私は幕末時代の知識があまりないため、どうして福井で?と疑問に思いましたが、どうやら福井藩士宛に出した手紙で、個人から拝借し県で研究していたためとのことでした。
さらに龍馬はこの手紙を書く1年前に福井に来ていたと知り、驚きました。

用事は師匠の勝海舟が監督する海軍操練所の設立資金を、松平春嶽に出資してもらえないかという交渉。
それも千両という大金でした。
大変な交渉なのでは…?と思いましたが、この時龍馬は29歳。
私は若い…と思いました。ちなみにこの交渉は成功しています。
もし自分だったらと思うと自信がありません。

この後32歳で薩長同盟を成立させますが、この頃から交渉上手だったんだなあと感心し、自分ももう少し頑張れるのかもしれないなと思ったのでした。