こんにちは、スタッフMYです。
突然ですが皆さんは野菜と果物の違いについてご存知でしょうか?私は宅配カタログにて農産物のページを制作していますが、「スイカは野菜」くらいの認識しかありませんでした。先日農業と関係がある職に就いている知人と話をした時に、野菜と果物の定義について教えていただきました。
広辞苑やJA全農、農林水産省など、団体によって定義は様々ですが、一般的に野菜は田畑に植えられる葉・茎・根などを食用とする草を指し、果物は木になり2年以上栽培される果実のことを指します。この定義だと木に実がならないメロンやイチゴは野菜に分類されることになりますが、果実として利用される野菜は果実的野菜に分類され区別されるようです。
最も意外だったのは、おやつに入るかどうかでよく話題に上がるバナナも定義上は果実的野菜に分類されることがあるということでした。バナナは木になるイメージがありますが、私たちが木と認識している部分は茎であり、植物学的には草となるため野菜となるそうです。しかし、バナナは栽培期間が2年以上に渡ることと、食用の果実が収穫される作物であることから農林水産省ではバナナを果物として扱っているそうです。パイナップルも同様に植物学的には草と分類されていますが果物として扱われています。
結局バナナがおやつに入るのかは迷宮入りしましたが、これから野菜や果物を食べるときはどちらに分類されるのか少し考えてみようと思いました。